どういった転職理由がベストかというと、まずは転職理由

どういった転職理由がベストかというと、まずは転職理由の本音のところを考察してみてください。そのままを伝える必要はないので、思ったことをそのままノートに記述しましょう。

そして、それを後ろ向きな印象を与えないように表現をリライトしてください。

転職の理由が長々と続くと言い訳めいて聞こえてしまうため、なるべく簡潔になるようにしましょう。

退職の要因として長時間労働をあげた場合は「生産性を意識した仕事をしたい」、職務にやりがいを感じられず辞めた場合は「新しい職場で向上心をもって働いていきたい」のように言葉を変えると悪い印象を与えません。

消極的な転職理由でも表現次第で、良好な印象を与えるものになります。履歴書に書くことを考えると、150〜200字程度でまとめるのが良いでしょう。印象のいい転職理由は何かというと第一に、本当に転職しようと決めた理由を頭に浮かべてください。
そのままの言葉を伝える訳ではないので、正直にノートに書き出してみましょう。そして、それを悪い印象にならないように表現を書き直してください。

転職する理由を長く語ると正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。ベストな転職方法といえば、転職する先を探しながら仕事を続け、次の就職先が決まってから、今の会社を退職することでしょう。職を辞めてしまってから転職先を探そうとすると、すぐに転職先が見つからないと決まらなかったらどうしよう、という焦りを感じ始めます。また、お金の面で不安になることもありますから、探してから辞めるのがよいでしょう。

また、自分ひとりで探そうとせず人にアドバイスを求めてもよいかもしれません。

労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を重視した仕事のスタイルにしたい」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境でステップアップさせたい」と変えておくと印象が悪いものになりません。

ネガティブな転職理由も違った表現で、ポジティブなものに変わります。

履歴書に記載するときには、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ